流産② 胎児水腫

①でも書きましたが、9Wの時点で浮腫が見られた私の赤ちゃん。
でもその時は事の重大さに気がついていませんでした。

はっきりと赤ちゃんが苦しんでいるのがわかったのは13Wの健診です。
9Wの時は首の後ろだけだったのが、13Wでは全身がむくんでいました。
先生に、「胎児の全身がむくんでいます。胎児水腫という状態です。」と言われました。

考えられる原因は以下だそうです。

①母親がりんご病に感染
②染色体異常
③心臓や腎臓などの異常

これらに対しては何もする術がなく、ただ経過を見守るだけとのこと。
また、自然に消える場合もあるそうで、その場合多くは予後もよいとのことでした。

その日はりんご病にかかっていないか、血液検査をして帰りました。
病院では泣かないようにふんばっていましたが、家についた途端力が抜けて泣き崩れました。
どうして、私の赤ちゃんがこんなことにならないといけないのか分からず、悲しかったです。

何がいけなかったんだろう、あの時のあれがいけなかったのか?
私のかわいい赤ちゃんはどうなってしまうんだろう?色々考えました。
でも答えはでませんでした。

家に帰ってからも、ネットで色々調べては泣きました。
赤ちゃんが苦しんでいるのに、私は何もできない。もどかしくて仕方なかったです。
[PR]
# by ryovinson | 2006-05-19 00:30 | 流産

流産①

今回は流産のお話。

赤ちゃんがほしいと思って数ヶ月で赤ちゃんを授かりました。
このときは、本当にうれしくて、そして本当に幸せでした。
まさか自分が流産するなんて思わなかった。
すぐに「たま○よ」を購入して、あれこれと想像しては喜んでました。

健診も何度か行い、心拍も確認され、手足も見え、何もかも順調でした。
ところが、9Wの健診時に「あれ?ちょっと小さいな~。」と先生に言われました。
先生にどうしたら大きくなりますかと質問しましたが、特に何もすることはないとのこと。
でも気になったので、胎児の大きさの平均はどれくらいかをサイトで色々調べました。
すると、9Wにしては確かに小さいな・・・・・というのが分かりました。
でも、手も足も動いていたし、きっとすぐに大きくなる!大丈夫!と信じていました。

また、この時の超音波で赤ちゃんの首?頭?の後ろに何か線があり、
あれ?なんだろう、へその緒かな~?と思ってそんなに気にしませんでした。
今思えばこの時から赤ちゃんは私に知らせていてくれたのかもしれません。
後で知ったのですが、首の後ろの線はむくみであり、「NT」と呼ばれるものでした。


「NT」とは・・・・・・
後頚部の浮腫。リンパ液がたまった状態。
妊娠初期にみられ、その厚さが厚いほど胎児の染色体異常や心臓奇形の確率が高くなる。
3センチ以上ある場合、羊水検査などを勧められることもあるそうです。
[PR]
# by ryovinson | 2006-05-18 15:05 | 流産

ごあいさつ

平成17年4月に結婚し、夫と二人で暮らしています。
共働きで毎日仕事で忙しい日々を送っていたのですが、
友達の赤ちゃんを見るうちに自分も赤ちゃんがほしいと思い、ついに11月に妊娠。
が、仕事の激務と家事の両立のストレスもあり、今年の1月に4ヶ月で流産(TдT)。

何もやる気もおきず、赤ちゃんや妊婦さんをみると涙が出てとまらない・・・。
おまけに相次ぐ友達の妊娠に更なる精神的な追い討ちが。

なんで流産してしまったのかと自分を責め、悶々と毎日を過ごしていましたが、
これじゃいかん!こんなんじゃ赤ちゃんが戻ってきやしねぇ!!と一念発起。
次の妊娠にむけて、できることから取り組んでいこうと思っています。
日々の取り組みや、いつも思っていることなど、ツラツラと書いていこうと思います。

天使になった赤ちゃんに絶対戻ってきてほしい!!
次こそかわいい子を健康に産むぞ~O(^0^)O
[PR]
# by ryovinson | 2006-05-17 14:48