流産② 胎児水腫

①でも書きましたが、9Wの時点で浮腫が見られた私の赤ちゃん。
でもその時は事の重大さに気がついていませんでした。

はっきりと赤ちゃんが苦しんでいるのがわかったのは13Wの健診です。
9Wの時は首の後ろだけだったのが、13Wでは全身がむくんでいました。
先生に、「胎児の全身がむくんでいます。胎児水腫という状態です。」と言われました。

考えられる原因は以下だそうです。

①母親がりんご病に感染
②染色体異常
③心臓や腎臓などの異常

これらに対しては何もする術がなく、ただ経過を見守るだけとのこと。
また、自然に消える場合もあるそうで、その場合多くは予後もよいとのことでした。

その日はりんご病にかかっていないか、血液検査をして帰りました。
病院では泣かないようにふんばっていましたが、家についた途端力が抜けて泣き崩れました。
どうして、私の赤ちゃんがこんなことにならないといけないのか分からず、悲しかったです。

何がいけなかったんだろう、あの時のあれがいけなかったのか?
私のかわいい赤ちゃんはどうなってしまうんだろう?色々考えました。
でも答えはでませんでした。

家に帰ってからも、ネットで色々調べては泣きました。
赤ちゃんが苦しんでいるのに、私は何もできない。もどかしくて仕方なかったです。
[PR]
by ryovinson | 2006-05-19 00:30 | 流産
<< 流産③ 流産① >>